About 技術情報

ブログ「数学者の一人ぐらし」のカテゴリ「技術情報」に投稿された全てのエントリーです。新しいものから過去のものへと並んでいます。

前のカテゴリは情報処理センタです。

次のカテゴリは投稿です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見て下さい。

アーカイブ

メイン

技術情報 アーカイブ

2006年12月15日

IrfanView32

http://www8.plala.or.jp/kusutaku/iview/
「IrfanView32」とは、 オーストリアの Irfan Skiljan 氏が作った、
フリーウエアのマルチメディアビューアーです。

2004年8月 7日

ktermの操作

04/08/07

ktermなど画面をそのままps 、gif、 jpeg などのファイルとして保存する。

(1)保存したいkterm画面と操作するkterm画面を重ならないように分離する。

(2)操作画面で 

localhost# import ?frame test1.ps

としてからマウスカーソルを保存したい図形に持っていき、クリックする。

gif ファイルなどは授業用のホームページに利用できる。

2004年7月31日

LinuxでJavaをつかう

LinuxでJavaをつかえるようにする
http://java.sun.com/j2se/1.4.2/ja/download.html
よりJ2SE v-1_4_2_05-linux-i586-rpm.binをダウンロードし、インストールした。
&su
password 入力
% chmod +x J2SE v-1_4_2_05-linux-i586-rpm.bin
なにやら聞いてくるが最後に
yes
といれる。つぎに
% ./ J2SE v-1_4_2_05-linux-i586-rpm.bin
とするとcurrent directoryに
J2SE v-1_4_2_05-linux-i586-rpmができているので
%rpm ?ihv J2SE v-1_4_2_05-linux-i586-rpm
とすれば簡単にインストールできる。
しかしこのままではだめで環境変数を設定する必要有。
参考
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/320javainst.html

2004年7月21日

Tomcat ver5.0.27のインストール

山田祥寛は必見
プログラミングワンダーランドへいらしゃいvol2JSP&サーブレット編はなかなか参考になる。
基本的にJSPではスクリプト(プログラム)を書かずにタグライブラリに任せる。
そこで、本書にしたがってシステムを作った(7/17-7/20)。ただし、
本書ではTomcat ver5.0.24となっていたが最新の
Tomcat ver5.0.27をインストールした。
p.202 str_repeat.jsp を実行するのにエラーになった。どうやってこれを克服したか
ここに記録しておく。

web.xmlをタイプミスした。これは何度もやりインターネットエクスプローラで表示させてタイプミスをなくした。
/WEB-INF/taglibs-string.tld が見つかりません→これに対して、 taglibs-string.tld を見つけ出してきておいた。 /WEB-INF/lib/ ではだめで /WEB-INF/ 直下においた。ついでにそのときのログは
2004-07-21 10:59:08 StandardWrapperValve[jsp]: サーブレット jsp のServlet.service()が例外を投げました
org.apache.jasper.JasperException:絶対URI:  http://jakarta.apche.org/taglibs/string-1.0 はweb.xmlとこのアプリケーションを配備したJARファイルのどちらかでも解決できません
    at org.apache.jasper.compiler.DefaultErrorHandler.jspError(DefaultErrorHandler.java:50)
    at org.apache.jasper.compiler.ErrorDispatcher.dispatch(ErrorDispatcher.java:409)
    at org.apache.jasper.compiler.ErrorDispatcher.jspError(ErrorDispatcher.java:118)
    at org.apache.jasper.compiler.TagLibraryInfoImpl.generateTLDLocation(TagLibraryInfoImpl.java:316)
    at org.apache.jasper.compiler.TagLibraryInfoImpl.(TagLibraryInfoImpl.java:147)
    at org.apache.jasper.compiler.Parser.parseTaglibDirective(Parser.java:418)
    at org.apache.jasper.compiler.Parser.parseDirective(Parser.java:483)
    at org.apache.jasper.compiler.Parser.parseElements(Parser.java:1539)
    at org.apache.jasper.compiler.Parser.parse(Parser.java:126)
    at org.apache.jasper.compiler.ParserController.doParse(ParserController.

2004-07-21 11:03:12 StandardWrapperValve[jsp]: サーブレット jsp のServlet.service()が例外を投げました
org.apache.jasper.JasperException: JSP ファイル "/WEB-INF/taglibs-string.tld" が見つかりません
    at org.apache.jasper.compiler.DefaultErrorHandler.jspError(DefaultErrorH
2.のエラーがなくなると今度は別のエラー:
2004-07-21 12:55:19 StandardWrapperValve[jsp]: サーブレット jsp のServlet.service()が例外を投げました
java.lang.NoClassDefFoundError: org/apache/commons/lang/math/NumberUtils
    at org.apache.taglibs.string.RepeatTag.changeString(RepeatTag.java:63)
    at org.apache.taglibs.string.StringTagSupport.doEndTag(StringTagSupport.
これは commons が不整備。 lang/math/NumberUtils の実態が取り込まれていないらしい。
そこで、
http://jakarta.apache.org/site/binindex.cgi
Taglibs KEYS

Commons Lang KEYS

2.0 zip PGP MD5
2.0 tar.gz PGP MD5
の2.0zipを解凍= commons-lang-2.0.jar
これを、 ../Tomcat5.0/common/lib/ にいれて実行したら
教科書どおりとなった。成功!

2004年7月20日

JSTLとJakarta TagLibsのインストール

[1]JSTLのインストール
http://jakarta.apache.org/taglibs/doc/standard-doc/intro.html
よりJSTL(JSP Standard TagLibrary)を以下のように入手、インストールした
Download a binary distribution of the Standard release:
Download the Standard Tag Library Release from an Apache Jakarta Project Mirror Release Builds
Taglibs KEYS
Library Releases
standard/
binaries/
jakarta-taglibs-standard-1.1.0.zip
をダウンロードし、これを解凍、\wl_jsp1のしたに\WEB-INFというフォルダをつくり
このなかに\lib をそのままコピー(jstl.jar,standard.jarという2つのファイル)
これを有効にするには Tomcat 再起動が必要。

[2]Jakarta TagLibsのインストール
http://jakarta.apache.org/site/binindex.cgi
Taglibs KEYS

Library Releases

application/jakarta-taglibs-application-current.zipをダウンロード、解凍、jakarta-taglibs-application-current.jarを \lib にコピー
page/jakarta-taglibs-page-current.zipをダウンロード、解凍、jakarta-taglibs-page-current.jarを \lib にコピー
request/jakarta-taglibs-request-current.zipをダウンロード、解凍、jakarta-taglibs-request-current.jarを \libにコピー
response/jakarta-taglibs-response-current.zipをダウンロード、解凍、jakarta-taglibs-response-current.jarを \lib にコピー
session/jakarta-taglibs-session-current.zipをダウンロード、解凍、jakarta-taglibs-session-current.jarを \lib にコピー
string/jakarta-taglibs-string-current.zipをダウンロード、解凍、jakarta-taglibs-string-current.jarを \lib にコピー

2004年7月17日

J2SE v 1.4.2_05 SDK・Tomcatのインストール

http://java.sun.com/j2se/1.4.2/ja/download.html
よりJ2SE v 1.4.2_05 SDKをダウンロードし、インストールした。(Windows版)
http://jakarta.apache.org/tomcat/
よりjakarta-tomcat-5.0.24.exeをダウンロードしこれを実行 Tomcat のインストールをした。

2003年6月13日

Tomcatプラグインの導入

Tomcat プラグインをいれる。
http://www.sysdeo.com/eclipse/tomcatPlugin.html
から
tomcatPluginV21.zip これを解凍して、 eclipse の plugins ディレクトリーに入れるだけ
「windows」→「preferences」→「Tomcat」が追加を確認。
メニューバー「File」→「New」→「Project」→「Java」を選択しJavaの実行。

2003年5月27日

JSPサーブレット

Apatchの準備
http://www.apache.org/dist/httpd/

JDKの準備
http://java.sun.com/j2se/
http://java.sun.com/j2se/1.3/ja/download-linux.html

Tomcatの準備
http://jakarta.apache.org/
http://jakarta.apache.org/builds/jakarta-tomcat/release/v3.2.1/bin/

%tar zxvf jakarta-tomcat-3.2.1.tar.gz –C $TOMCAT_TOP

いまはTomcat4(バージョン4)にしたほうが良い

mod_jkの準備
ApacheとTomcatの連携モジュール。Tomcat4では不要。

http://jakarta.apache.org/builds/jakarta-tomcat/release/v3.2.1/bin/linux/i386/

ここからmod_jk.soをダウンロードし、Apacheのlibexec(/etc/httpd/libexec/)ディレクトリ以下にコピー.Apacheの設定ファイルhttpd.confの末尾に、次の一行を追加

Include “$TOMCAT_HOME/conf/mod_jk.conf-auto”

起動

%TOMCAT_HOME/bin/tomcat.sh start
または
%$TOMCAT_HOME/bin/startup.sh

そして、Apache起動

サンプルページの表示
http://servername/examples/jsp/

/etc/profileについて、

export JAVA_HOME=/usr/java/j2sdk1.4.1_01

export TOMCAT_HOME=/var/tomcat4

export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:

$JAVA_HOME/lib:

$JAVA_HOME/lib/tools.jar:

$TOMCAT_HOME/common/lib/servlet.jar:

$TOMCAT_HO/MEwebapps/jsp_book/WEB-INF/classes:

のように改行を入れるとエラーが出てしまいます。

なので、

export JAVA_HOME=/usr/java/j2sdk1.4.1_01

export TOMCAT_HOME=/var/tomcat4

export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:

export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/lib:

export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/lib/tools.jar:

export CLASSPATH=.:$TOMCAT_HOME/common/lib/servlet.jar:

export CLASSPATH=.:$TOMCAT_HOME/webapps/jsp_book/WEB-INF/classes:

のように一つずつ「export CLASSPATH=.:」をつけることで

エラーを回避することができます。

また改行を入れずに

export CLASSPATH=.:$JAVA_HOME/jre/lib:$JAVA_HOME/lib: ・・・

のように続けて書いてもエラーはでません。

2003年5月11日

JSPプログラム

なぞ???
/jsp10/におかれた短いjspプログラム

<%@ page contentType="text/html;charset=Shift_JIS" import="java.io.*,java.util.*" %>
<% out.println(application.getRealPath("/WIN-INF"));%>

を実行すると

/home/arimoto/public_html/webapps/WIN-INF

が出力される。また/jsp_book/におかれたjspプログラム

<%@ page contentType="text/html;charset=Shift_JIS" import="java.io.*,java.util.*" %>
<% out.println(application.getRealPath("/WIN-INF"));%>

を実行するとやはり同じように

/home/arimoto/public_html/webapps/WIN-INF

が出力される。いいなおせば、WIN-INFはwebappsの直下におかなければならない。

2003年2月10日

EclipseにTomcatをプラグインする

EclipseにTomcatをプラグインする
http://w3.cube-web.net/eclipse/index.php?%5B%5BTomcat%A5%D7%A5%E9%A5%B0%A5%A4%A5%F3%5D%5D

2003年2月 9日

eclipse

噂のeclipse
http://www.eclipse.org/
日本語にするためにlanguage packもインストール
\eclipseのなかの Feature とplugin フォルダーを上書き(language pack のものに置き換えると
メニュなどが日本語になる)

2003年1月 6日

技術リンク

http://homepage3.nifty.com/uzblend/servlet/#a
ひよこサーブレット
http://www.purpletech.com/servlet-faq/index.jsp#ref-homepages
Alex Chafee purple Technology

2003年1月 5日

バージョンアップ

今日は、

http://java.sun.com/j2se/1.4.1/download.htmlからjdkをj2sdk1.4.1_01にバージョンアップした。
http://nagoya.apache.org/dist/httpd/binaries/win32/にあるapache_1.3.27-win32-x86-src.msiをダウンロードし、
http://jakarta.apache.org/builds/jakarta-tomcat-4.0/release/v4.1.18/bin/にある jakarta-tomcat-4.1.18.exeにバージョンアップした。
そして、これらの間で連携に成功した。気をつけなければいけないことは Tomcat をインストールするとApacheが消されてしまうことであった。
そこで、Apacheはまた2.をいれた。3.→2.の順にしたほうがいいのかもしれない。

2002年12月29日

XMLとの連動

XMLとの連動は
教科書157ページ操作手順2でコピーしてくるファイルはXerces内のjarファイルを全部持ってくるとできるようになりました。教科書執筆時点以後のバージョンアップでファイル名など変更になっているのかもしれません。このクライアントとのインターフェース(JSP+html)サーバ側の処理、データベース3階層(クライアントを含め4階層)の仕組みやりかたは、e-learningにおいて学習者の履歴を管理しながら相手に応じた課題の提供といった対話的なやり取りに利用できるかもしれませんね。

2002年12月28日

Javaのコーディング規約

Javaプログラミング言語に関するコード規約
クラス名は大文字ではじめる System,HelloWord
メッソッドは小文字ではじめる printn,main
http://java.sun.com/docs.codeconv/

2002年12月26日

ロボットの学習

ここでいう学習というのは、人間がロボットにデータを与えるのではなく良い行い(得点を入れるのにとった行動)に報酬を与えることにより自発的に学ばせていくのである。したがって、獲得行動の分析にしてもそのままの解釈をするのである。決して、人間が考えた意味に基づいた判断を与えてはならないのである。獲得行動数、得点までの平均時間など量的なものに限るのである質的な発見についても、結果に教わるようにするのである。ロボットは決して人間ではないのである。

2002年12月25日

Xercesザーシズ

Xercesザーシズを解凍したあと、
xercesImplier.jar
を「C:\j2sdk1.4.0_03\jre\lib\ext」にコピー
とあるが、ほかに
xmlParserAPIs.jar
もコピーしなければならなかった。実行ファイルは持ってきておけばよいのかもしれない。
これに気が付くのに2週間棒にふった。
本当はreadmeを読んだり、http://xml.apache.org/xerces2-j/
へいっていろいろ情報を頭にたたきこむ必要あり。
教科書「10日で…」の157ページでは、これが抜けている。とってきたバージョンで
変更され必要なファイルが増えたのかもしれない。

2002年12月22日

ApacheとTomcatを連動させる

メモ:
ApacheとTomcatを連動するには使用するTomcatは
http://jakarta.apache.org/builds/jakarta-tomcat-4.0/archives/v4.0.3/bin/
にある
jakarta-tomcat-4.0.3-LE-jdk14.exe
を使わなければならなかった。

http://www.netpotlet.com/technotes/xmlinwebapp/index.html

2001年11月20日

技術計算用Cプログラム

技術計算用Cプログラム

http://www5.airnet.ne.jp/tomy/cpro/csource.htm

2001年8月27日

ゲーム業界が欲しいOS

ゲーム業界はただ(無料)のOSが欲しいんですね。Linux入りのプレーステーションがすごく売れています。中国をLinuxが全面的にとってしまったのは大きいです。unix なら solalis もあるでしょ?

sun は売りたがらないです、パソコン相手の小さい商売はしたくないのでしょうね。

2001年8月22日

viの心得

vi 心得。決して意味を考えてはいけない。ただひたすら Escキーをおして反応を見る。

$vi file.name

ではいり、終わるときは

Esc :q

かまたは

Esc :wq

強制終了は :q! これはセーブされないので注意

画面の一番下の表示にも気をつけよう。最近のものは行数が表示される。

Esc i 挿入
Esc a カーソルの後に追加
Ctrl+h 直前タイプした文字消去
x カーソル位置消去
hjkl 左下上右 配列の順(頭で覚えてはいけない、目で覚えよ)
J 2行連結(下の行が後ろに来る)
dd 行削除 切り取り
P 貼り付け
yy コピー

このくらいでたいてい大丈夫。

vi は文章作成というより、etc fileの編集に特化して使うと便利であることが実感できる

/words

とやって words の行を検索できる。

2001年6月 7日

Free BSDの設定

fsck (return)
exit (return)

Free BSDを設定するには

cd /stand

./sysinstall

2001年5月30日

Linuxの比較

多くのLinuxを手に入れたがどれがどれだけ価値があるのかわからない。

vine Linux 2.15(ftp版) ASCIImook Linux beginners6月号
HOLON Linux 2.0(日経Linux6月号)
Red Hat Linux7.1(日経Linux)

製品版

Turbo Linux workstation 日本語版6.0(ターボリナックスジャパン)

Kylix付録

{TurboLinux workstation 6.0LE、
 Miracle LinuxStandard Edition Version1.0 Update
Laser 5 Linus 6.4
Red Hat Linux/Intel 7.0(guiness)2枚組み

2001年3月23日

StatWorks/V3.0

StatWorks/V3.0の各手法・機能についての詳細説明ページ

http://www.i-juse.co.jp/statistics/product/func/funclist.html

2001年1月15日

VMware

vmware というソフトは
Linux or WinNT 上で動作する仮想 IBM/PC 互換機です。よって
例えば、Linux 上の XWindows 上いくつかの仮想 PC を作ること
ができ、Solaris や Win98 を使用することができます。
昔からこの手のソフトはあるが、パフォーマンスが悪くと
ても使えなかったのですが、vmware はけっこう実用できる。
以下からお試し版ダウンロードしてつかってみましたが、
(Athron 700Mhz, memory 256Mb) けっこう使えます。
http://www.vmware.com/
http://www.networld.co.jp/products/vmware/index.htm
いい点は、1台のマシンで、リブートせず複数の
OS が使え(もちろんネットワークも使えます)、1台のマシンで、
ネットワークの実験ができたり、OS そのものの実験なども容易に
できるということです。何台もマシンあるとじゃまくさいのが、
解消される...
 >>thanks O.Sayama

Unix Magazine 1月号 askii pp.51-65

2000年12月19日

GML

新しい地理データ記述言語「GML」(Geography Markup Language)のサイト。

http://www.galdosinc.com/reasons_for_gml.htm

2000年11月27日

コーネル大学

コーネル大学

http://www.orie.cornell.edu/meng/brochure/tables/financial1.html

経営工学とORの学科で、金融工学を専門課程で扱っている。

2000年11月 4日

ハンディGPS

ソニー、小型GPSレシーバーとパソコン用カーナビソフトを発表。小型GPSレシーバー『ハンディGPS』(PCQ-GPS3S)、旅行アルバム作成ソフト『ジートレックス2』(PCQ-GTX2)、パソコン用カーナビソフト『ナビン・ユー5』(PCQ-NYH5)を発表した。11月25日に販売を開始する。予想価格は、ハンディGPSが2万4000円、ジートレックス2が4500円、ナビン・ユー5が1万1000円。ハンディGPS(HandyGPS)は、人工衛星からの電波で、現在位置を測定する小型GPSレシーバー。バックライト付き液晶ディスプレーに、現在地の緯度/経度、移動速度、方位、衛星受信状態、電池残量などを表示する。移動の履歴(ログ)を256KBの内蔵メモリーに保存できる。パソコンにUSBで接続でき、ログをパソコンに転送可能。転送されたログを基に、ジートレックス2とナビン・ユー5の地図上に移動の軌跡を再生できる。

2000年11月 1日

wgetコマンド

Cannaの開始終了=Ctr+o

wget の使い方

$ wget http://vinelinux.org/manuals-sjis/FAQ.txt

URL を指定するだけで、そのページをファイルとし保存。この場合は、FAQ.txt というファイルがカレントディレクトリに作られる。

ftp でのダウンロードも同様に、

$ wget ftp://ftp.linux.or.jp/pub/doc/faqs/Linux-FAQ/Linux-FAQ

ただし、anonymous ftp サイト以外には使えない。

wget は html を解析し、関連ファイルを次々とダウンロードする、自動巡回機能を備えている。

$ wget -r -L -np http://www.sakuyanet.org/

とすると、カレントディレクトリに www.sakuyanet.orgというディレクトリが作られ、その下に、そのサイト内のトップページから辿れるすべてのページや画像ファイルなどがすべてダウンロードされて格納される。

オプションの意味は、 -r が recursive、再帰的ダウンロードの意味で、 html を解析して画像の場所やリンク先を取得し、それらもまた自動でダウンロード。

ただし、よそのサイトへのリンクまで辿り始めて、インターネット全体をダウンロードし始めるので、 それを防ぐために、-L オプションを指定。-L は相対リンクだけを辿れ、という指定。

-np は no parent の意味で、下位ディレクトリへのリンクは辿るが、上位へのリンクは辿らない、という意味。たとえば sakuyanet にlinux 関係の情報を集めた linux ディレクトリと windows 関係の情報の windows ディレクトリがあったとして、 linux ディレクトリ以下だけをダウンロードしたい場合は、単に

$ wget -r -L -np http://www.sakuyanet.org/linux/

とすればいい。もしここで -np がないと、 「トップへ戻る」のようなリンクを辿って、 トップページとか全然関係のない windowsのページとかまでダウンロードされてしまう。

なお、これらのオプションはまとめて「-rLnp」と書ける。したがって

wget -rLnp (URL)

という指定を覚えるだけで、たいていは用が足りる

perl

次をディタで書いて保存hoge

#! /usr/bin/perl

# hoge -- perlの基礎を勉強してるのさ

print ("Shidarezakura");
print ("");

☆早速実行いたしましょう。

[shidare@localhost perl]$ perl hoge ☆ここを入力して[enter]

Shidarezakura

2000年10月31日

CGI

○CGI=CommonGateway Interface

apacheなどのWebサーバーがWebブラウザからの要求に応じてプログラムを起動する仕組みのこと。CGIプログラミングで最もよく使われるのがPerlというインタープリタ型言語です。他にもCGIのプログラミング言語としてはシェルスクリプトやC、C++などがあります。

○ファイルやディレクトリのアクセス権パーミッションの設定

自分、仲間、他人の3者に対して、それぞれ、読む、書く、実行するの3つの権限があります。

パーミッションの設定が「rwxrwxrwx」の場合、自分、仲間、他人がそれぞれ読む、書く、実行ができるという意味です。これを数値で表すことも出来る。

rwxrwxrwxの場合、数字で表せば777です。自分(User)、仲間(Group)、他人(Other)の順に、

読み込み可能(read)=1
書き込み可能( write )=2
実行可能(execute)=4

となってます。もし自分が読み書き実行すべてできる場合1+2+4=7ということです。つまり777とはUGO(自分・仲間・他人)が、それぞれすべて読み書き実行ができるという意味です。

そしてこのパーミッションを設定するコマンドは

chmod [ugo][+-=][rwx] [ファイル名]
chmod [数字] [対象ファイルファイル名]
[ugo]はu(自分(User))、g(仲間(Group))、o(他人(Other))
[+-=]は+許可を追加、-許可を取り消し、=その許可のみを設定
[数字]は上で説明した数値

・まずCGIファイル(.cgi)を置くディレクトリ(大抵cgiなどの専用のディレクトリを用意します)については

rwxr-xr-x 755

・ログなどを入れるディレクトリは

rwxrwxrwx 777

・データファイル

rw-rw-rw 666

・HTMLのファイル

rw-r--r-- 644

というのが一般的。

2000年3月17日

言語と計算シリーズ

言語と計算シリーズ

http://www.utp.or.jp/shelf/series/gengo.html

2000年1月12日

英和辞典・和英辞典

英和辞典・和英辞典

http://dictionary.goo.ne.jp/

1999年12月 8日

百科事典の完全無料化

http://www.britanica.com

百科事典の完全無料化

1999年12月 6日

メールサービス

●主要なWeb型メールサービス

Hotmail  http://www.hotmail.com/
Yahoo! Mail http://mail.yahoo.co.jp/
gooフリーメール http://freemail.goo.ne.jp/
Excite Mail http://mail.excite.co.jp/

●主要なPOP型メールサービス(おすすめ!)

Freemail http://www.freemail.ne.jp/
MailBank http://www.mailbank.ne.jp/ (要クレジットカード)

1999年6月 9日

GPS付きデジタルカメラ

コダック、GPS付きデジタルカメラを発表http://www.ascii.co.jp/ascii24/call.cgi?file=issue/990608/hard01.html

1999年5月18日

GPSモバイルコミュニケーター Locatio

セイコーエプソンが、GPSアンテナ搭載の携帯情報端末「GPSモバイルコミュニケーター Locatio」をエプソン販売から発売。

http://nnb.nikkeibp.co.jp/nnb/NEWS/9905/99051703.html

thanks> 本間さん

1999年5月 6日

定番ツールの入手

Vector
http://www.vector.co.jp

窓の杜
http://www.forest.impress.co.jp

1999年3月16日

やさしいGPS測量

僕らは長いこと地面に張り付いて標準を作ってきた。すべては水準面(ジオイド、地球上の等重力ポテンシャル面)を基準にしたものである。それに対して今や宇宙からの信号をもとに簡単にしかもきわめて正確な計測が行えるようになった。地球の中心を基準とした新しい座標系を手に入れたことになる。それでもすでに作り上げてきた社会生活を律する標準は日常生活から当分なくすることはできない。正確なデータより不正確なデータのほうが世の中の基準となる。不正確さを調整するために閏年や閏秒が必要となる。

やさしいGPS測量

土屋淳、辻宏道著

社団法人 日本測量協会(新訂版)3,714円

1999年2月 2日

昔の測定

GPSを用いて地球の正確な大きさや形を計算できるか?

昔、ギリシャのエラトステネスは遠く離れた2地点(SyeneとAlexandria)に棒を立てその棒と太陽光が作る影との角度を同時(正午)に計測し(Syene=0度つまり影なしのとき、Alexandoriaで1/50度)簡単な幾何学を用いて2地点の距離(5000stadeに設定 ,1stade=559feet=170.3832m)から地球の半径を 4212.48 miles=6779.144km と推定した

1999年1月28日

GPS問題

危険日1999年8月22日

週番号が1024週目に入る瞬間、ケタあふれが起きる衛星位置測定システムGPSが動作故障を起こすおそれがある。

1999年1月19日

GPS65EZ

エンペックス気象計は、小型軽量のGPS専用機「GPS65EZ」を99年1月20日に発売。価格は3万9800円。

03-3494-4011

http://www.empex.co.jp/new2.html/new2.html

1999年1月18日

SMART

フロリダ州パームハーバーのプロテク・モニタリング・イクイップメント社によって開発されたSMARTは、24の衛星システムを使って、犯罪者の居場所を24時間監視している。犯罪者は、小さな追跡装置を装着する。装置は、GPS衛星から地理的な座標を受け取り、それを監視センターへ送る。

1999年1月10日

GPS内蔵ウオッチ

カシオ計算機(株)は腕時計の試作機『GPS内蔵ウオッチ』を発表。

http://www.casio.co.jp/productnews/gps.html

1998年12月24日

ナビゲータでのGPS利用

車に利用されるナビゲータでのGPS利用においては、精度は悪くてもかまわない、つまりGPSのデータは位置の初期値を定めたり位置補正のための予備的データでよく、実際の目的には地上の地図情報が使えるからである。しかし、高精度が要求される場合は確かにあってハワイが年に6cmづつ日本側に近づいているなどはGPS利用の最近の成果である。

衛星が動いている(5.8km/sec)というのは、計算結果に大きな影響をあたえる。一般相対性理論からは時計を進めてしまい、特殊相対性理論からは時計をおくらせてしまうことがでてくるそうである。

http://www.akeihou-u.ac.jp/~isamu/index.html

1998年12月 1日

光の速さ

離れた4つというのは、もし2個の衛星がほとんどひとつに重なっていたら(離れていなければ)、得られる方程式の数は3つしかなくなり、解は不定になってしまう(極めて不正確)。佐々木君の考え。

-----------------------------------------------------

光の速さ

c=2.99792458×108m/s(精度 4×10-9

(精度 )

このの値はクリプトンのスペクトルの波長を基準としており、メートルの長さの定義もこれから来ている。その精度もその定義式の精度に依存している。

cの値の精度を上げるためには、ながさを再定義する必要があるが、”そんなことをする必要がない。!!!”時間の単位、長さの単位、光速cの3つのうち独立なのは2つ。光速一定の原理を信ずるなら、cを定義してしまえばよい。つまり、

c≡2.99792458×108m/s

と定義する。さてわれわれの場合は、これでよいだろうか。われわれのすむ世界には大気があり、場所によって光の速さを歪めるものがあるかもしれない。

(現代物理学事典 小野周監修、講談社ブルーバックスp.387)

空気中でも真空とそんなに違わないと思う。電離層をとおるのだろうか、するとすこし遅くなる?調べときましょう。(中村先生)

アーカイブ