About 情報理論

ブログ「数学者の一人ぐらし」のカテゴリ「情報理論」に投稿された全てのエントリーです。新しいものから過去のものへと並んでいます。

前のカテゴリは微分方程式論です。

次のカテゴリは数学(1)特別クラスです。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見て下さい。

アーカイブ

メイン

情報理論 アーカイブ

2006年10月25日

10月26日

情報量をあらわすいくつかの量(エントロピー)を定義し、これらの間の関係を示す

そのために、同時分布、条件付分布、周辺分布の関係を理解する
結合エントロピー→エントロピー→条件付エントロピー
相互情報量
divergence相対エントロピー
などの関係を導く

マルコフ連鎖モデルについて説明する

2006年10月20日

マルコフ連鎖

マルコフ:数学者
依存関係が一つ前時刻の結果だけに限定される確率過程。
推移確率行列がすべてを物語る。
エルゴード性により
未来の予測(予定調和)は推移確率行列のスペクトルの最大固有値できまる。
定常確率は実は最大固有値に属する固有ベクトルになる
(ノルムを1になるように基準化するが)
推移確率が完全に把握できれば、将来のマーケットシェアは決定される。
したがって推移確率行列の要素、ロイヤリティ、他製品を買う人をいかにして
自製品に目を向けさせるか?

経済学のモデルではこの最大固有値に属する固有ベクトルが golden growth と呼ばれる
理想的な経済成長曲線となる。経済計画の目標となる。この道をたどるとき
この道は Turn Pyke (高速道路)定理とも呼ばれる。

すべてを語りたいが、われわれは次にこれらのエントロピーを議論せねばなるまい。
なぜなら、情報理論という教科の枠組みをはずせない(シラバスによる自縄自縛!)

2006年9月21日

準備ガイダンス

今日はガイダンスをおこなう
授業の進め方について
教科書について
情報理論ではどんなことをまなぶか
2進数、10進数について説明する

予定は1週間延期
厄介なことに今日は月曜日の振り替え授業
632教室へ行ったが誰もいなくて
教務の山田さんに笑われた

2006年7月27日

教科書

情報理論の基礎(ISBN4-320-12106-6)
横尾英俊 著
A5,182頁,2500円

アーカイブ